本文へジャンプ


大鳥神社の結婚式
 

平安時代に創建され、約1200年の歴史を誇る目黒の大鳥神社。
  毎年11月の「酉の市」は有名で、商売繁盛・開運招福の神様です。
  事前にお二人で来て戴き、神事についての説明やリハーサルもあり、宮司が直接相談に応じます。

  お問い合わせは、電話でお申し込み下さい。
     TEL:03(3494)0543


 

式次第
*何一つ省略することなく厳粛に進行する為、時間は40分程度掛かります。
1. 新郎新婦参進


参進(社殿への入場)    
2. 入場・着席
3. 修祓(しゅばつ)
挙式に先立ち神職のお祓いを受けます。

4. 宮司一拝
婚儀を始めるにあたり、宮司と共に神様に一礼します。    

5. 献饌(けんせん)
神様にお供え物を奉ります。


6. 祝詞奏上(のりとそうじょう)
宮司が、神様にお二人の結婚の報告と末永く幸福でありますよう、お守りいただけますよう祝詞を奏上します。

7. 三献の儀(さんこんのぎ)  
三三九度の盃を交わします。これは、神様から二人の結婚を祝福しての御神酒を頂くという意味があり、御神酒を飲むことで体の中に神様のお力を取り入れる意味があります。
     一の盃は  新郎→新婦→新郎
   二の盃は  新婦→新郎→新婦
   三の盃は  新郎→新婦→新郎  
と酌み交わします。



三三九度の様子  
8. 誓詞奏上   
新郎新婦が永遠の契りと子孫繁栄を誓う大切な儀式です。


9. (指輪の交換)  
ご希望により行います。


10. 玉串拝礼   
榊の小枝に紙垂(しで)をつけた神聖な玉串に、お二人の心を託して神様に捧げ、この後 二拝二拍手一拝の作法にて拝礼します。



玉串拝礼   
11. 撤饌(てっせん)

12. 宮司一拝   
婚儀がめでたく整った事に感謝し、宮司と一緒に神前に一礼します。


13. 親族盃の儀  
参列者全員で御神酒にて乾杯し、お二人の結婚を祝福します。



宮司挨拶         
14. 宮司挨拶   
宮司よりお祝いの言葉を申し上げます。


15. 退場     
この後、神様とのご神縁を末永くお持ち頂く為に"おふだ"と"神棚"を差し上げます。


*写真クリックで拡大表示します   

式の前の説明の様子


修祓(しゅばつ)のシーン


祝詞奏上(のりとそうじょう)


誓詞奏上


指輪の交換



記念品贈呈

 交通 JR山手線 目黒駅 西口下車徒歩7分
・地下鉄南北線目黒駅、地下鉄三田線目黒駅、東急目黒線目黒駅より徒歩7分「山手通り」と「目黒通り」の交差点に位置する。

*交通の便のとても良い所ですので、ご参列の方々のご集合や挙式後の移動がとても便利です。
 駐車場 7台(無料)
 申込み 電話連絡の後、来社してお申し込みとなります。その折に申込書をご記入いただきます。
 電話でのお問い合わせ時間 9:00~17:00
 挙式料 7万円  
 参列人数 40名(着席)可能
 控室 有り  
 披露宴 不可     
 冷暖房 神殿   有り
控室   有り
 衣装 有り   
神社の社務所で着付けのお部屋を用意いたします。
衣装店を紹介 「和装挙式トータルコース」 (20万円)などがあります。
経験豊富なスタイリスト、2人~3人のスタッフがお迎え致します。
内容は、新郎・新婦、紋服、白無垢または色打掛または本振袖のうち一点、美容、着付、かつら、小物一式含む。 ご満足戴ける内容です。
 着付・美容 「和装挙式コース」に含まれます。
 写真 信頼のおけるカメラマンが素敵な写真を撮影致します。 
2ポーズセット(2面アルバム2冊付き)など各種。
 その他 お気軽にご相談下さい。